第3回 右翼と左翼

ネットやニュースでよく見聞きするような「左翼」「右翼」。

これってどういう意味なんだろうと思い続けて早○年、、、。

いつも調べては理解できずに撃沈しているんですよね。悲しきかな。

これを機に、私自身の理解と私と同じ境遇の方の理解を進めようと一念発起しました!

さていくで!!

まず、「左翼」「右翼」を端的に表すと

左翼 右翼
新しい仕組みを作ろうとするグループ 伝統や風習を守ろうとするグループ
共産主義・社会主義・平和主義 etc… 国家主義・伝統主義・民族主義 ect…

ですね。うん、これだけだとわからない!いつもここで思考が止まります(笑)

今日はしっかり理解していこう!

まず定義をば。

右翼

政治においては「より安定した社会を目指すための社会制度を支持する層」を指すとされ、一般に、社会秩序や社会的成層への支持を表すために使われる。

参照:Wikipedia

つまり、今まで培った伝統や習慣を守ろうとする立場(=保守派)ですね。

 

左翼

政治においては通常、「より平等社会を目指すための社会変革を支持する層」を指すとされる。

参照:Wikipedia

つまり、新しいやり方(革新的な方法)で、人権・平等・自由を手に入れようとする立場(革新派)ですね。

ウンウン。

だいぶ分かってきた。

さらに噛み砕いて理解すると、

右翼(階級的な意味で)今の世の中で成功している人の意見を代表した党派。

左翼(階級的な意味で)今の世の中に不満がある人の意見を代表した党派。

ってところですね!

簡潔で分かりやすいっっっ!

ここまでまとめておいてなんですが、状況によって「左翼・右翼」の意味が変わってくるらしく、多くの政治学者は現在の複雑な世界では「左翼、右翼」の分類はもはや意味を持たないと指摘しているそうです。

ただ、一般的に使う「左翼・右翼」は、今回まとめた意味で問題はないハズ。

これでニュースを見るのがまた一つ楽しくなりましたね!

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

NO IMAGE

第6回 党って一体なんなのか。