第5回 サンマ不漁問題

シンプルな問題だと思ってたけど、実は意外とそうでもないかもしれないと驚いた「サンマの不漁問題」です!

端的に言えば、サンマの漁獲量が年々減っているという問題です。

この問題についての考えは・・・


ああ。日本の領域に入る前に中国・台湾がサンマを乱獲しているから、日本の漁獲量が減っているのか

と思って居ましたが、

調べていくうちに


おや。実はメディアがそうやって報道しているだけで、他に根本的な原因があったのかも

と感じるようになりました。

 

結論から申し上げると

『サンマの泳ぐルートの変化』

これが一つの理由みたいです。

もう少し細かく言うと、サンマの回遊ルートが日本の海域から少し離れてしまったんですね。

サンマは親潮に乗って日本へやってくるのですが、暖水が岸近くを覆っている為、サンマをのせた親潮が近くまで入り込めないとな。

これによって、大型船は排他的経済水域(EEZ)の外まで操業海域を広げ、小型船は沿岸でわずかなサンマを求めて競争をしている状態です。

うん、ただ新聞を読んでいるだけではわからないこともありますね!

いい勉強になりました!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

NO IMAGE

第18回 ビットコインあれこれ

NO IMAGE

第2回 劉曉波氏

NO IMAGE

第1回 加計学園問題について

NO IMAGE

第4回 北朝鮮、資金源の流れ

Tポイントカードについて考える。

NO IMAGE

第9回 メルカリ、上場申請