第9回 メルカリ、上場申請

CMや口コミで話題沸騰中の、メルカリが東証に上場申請しました!

かくいう私もかなり重宝しているので、このニュースに目がいってしまいました(笑)

そもそもメルカリとは

一言で言えば、「ネットのフリーマーケット」。

個人間でモノの売買ができる、非常に便利なサービスです。

上場ってなんぞや

上場とは

特定の株式・債券銘柄や特定の商品を、証券取引所(金融商品取引所)または商品取引所の市場において、売買取引の対象とすること。

参照:goo辞典

わかりづらいですよね。

簡単に言ってしまえば、SBI証券や楽天証券などの証券会社に登録できる人であれば誰でも株を買えるようにするってことです。

本件に当てはめると、「株式会社メルカリ」の株何%かを、誰でも買えるようにするってわけです。

これにより、上場企業に資金を集めることができます。

ここさえわかればあとはスルーで問題ナシ!

メルカリは上場して何がしたいの?

さてさて、メルカリは上場して一体何がしたいのか。

ヤフーのニュースにも書いてありましたが、やっぱり「事業拡大」。当然これですね。

結局メルカリって今のところ「メルカリの売買代金10%」しか大きい柱がないわけです。 この柱がポキっと折れた瞬間に株式会社メルカリはお先真っ暗、、、。

そうならないように、収入の柱を増やしていこうとしているんだと思います。

しかしながら、しかしながらですよ。

上場にはもちろん審査が必要です。言い方が悪いかもしれませんが、CtoC(消費者間取引)ゆえの無法地帯感は非常に感じるので、このまま審査が楽に通るとはなかなか考えづらいトコロ。

個人的には高く売れるメルカリは結構重宝しているので頑張っていただきたいですが果たして。

 

せっかくメルカリネタを書いたので、

いちユーザーの私として使っていて感じるメリットデメリットを書いていきますね(笑)

メルカリのメリットとデメリット

それぞれランキング形式にしていきます。

「メリット」

【第1位:モノが高く売れる】

これは偉大なメリット。手数料が売買金額の10%掛かるものの、どこかのお店に買い取りをしてもらうよりも確実に高く売れると思います。 (お店だと店舗代や人件費とかの経費が必要以上に上乗せされてしまいますからね。)

 

【第2位:匿名で配送ができる】

これ嬉しいですよね。今まで住所が知られるのが嫌でオークションをしたくてもできなかった人たちの救世主になり得るサービス。 売った人も買った人も、相手に住所を知られません。

 

【第3位:出品がめちゃめちゃ簡単】

①写真を撮る②コメント書く③郵送方法や金額を決める 以上3点で出品が可能です。うん、非常に楽!家にあるものがこんな簡単に売れるのかと思ってしまいました。

 

【第4位:基本何でも売れる】

利用規約で禁止されているものはあるにしろ、基本的になんでも売れます。 以前「ほくろ」を売ってる方がいましたね。さすがにたまげました(笑)

 

「デメリット」

【第1位:全体的に利用者の質が悪い】

最大のマイナスポイント。異常な値引き交渉や連絡不通等、結構ひどいです。

もちろん全員ではないものの、相対的に考えると質が悪い感じがあります。

出品や購入のハードルが低い分、どうしても民度も低くなってしまうのが、たまにというかかなりキズです。

 

【第2位:売上金はいちいち出金申請をしないといけない】

商品が売れて購入者から商品受け取り連絡が入ると、売上金はすぐ指定銀行口座に入るのではなく、一度メルカリ側にて回収になります。

出金の際はわざわざ出金申請をしないといけないんですね。

しかもこの申請、意外と時間が掛かるんです。

下のスクリーンショットが掛かる期間。

 

日によって変わりますけど、総じてかなり待ちます。 すぐにお金が欲しい人にとっては不便この上ないです。

デメリットはそれくらいでしょうか。

なんだかんだ便利です、メルカリ。

 

それでは今回はこの辺で。

オークションとかメルカリは好きなので、今度はメルカリの使用方法とかコツとか書いてみるかもしれません!見てもらえると嬉しいです!

それではまた!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

NO IMAGE

第1回 加計学園問題について

Tポイントカードについて考える。

NO IMAGE

第12回 イクメン 妻は辛口評価

NO IMAGE

第19回 大学授業料、出世払い?

NO IMAGE

第16回 「日本ファーストの会」とは

NO IMAGE

第7回 PKO日報問題