寝落ちの人をスムーズに起こすにはどうすれば良いか。

今回は題名通り「寝落ちの人をスムーズに起こすにはどうすれば良いか」です。

どうしてこういう流れになったかは、こちらの記事をご覧ください。

まずは寝落ちの意味から

俗に、何かをしている途中で眠ってしまうこと。特に、チャットやオンラインゲームなどの最中に眠ってしまうこと

参照:goo辞書

私は日常生活で「寝落ち」を多用していましたけど、チャットやオンラインゲームで使わせることが多いんですね。

わたしのパートナーはよくテレビやスマホを見ながら寝落ちしてますね。

こういうパターン、結構多いんではないでしょうか。

スムーズに起こす計画を立てる

それでは早速何をすれば寝落ちした人をスムーズに起こせるか、案を6つ考えたのでメモしておきましょう。

案①:耳元で目覚まし時計を鳴らす。

→言わずもがな

案②:耳元で「起きないとこんな嫌なことがあるよ」と呪文のように唱える。

→「お風呂入らないと汗臭くなるよ」「まだ歯を磨いてないよね」「ご飯食べた後に寝たら太るよ」etc…をエンドレスに。

案③:とりあえず起こす。何回寝ても起こす。心を鬼にして起こす。

→起きろー!起きろう!!おいいいいい!!!

案④:水をかける。は少々やり過ぎなので、濡らしたハンカチやタオルで顔を濡らす。

→水かけたらケンカになるのが目に見えるので(笑)

案⑤:「わぁ!!」と大声で叫ぶ。

→びっくりさせた反動で起きるのでは。

案⑥:ノンレム睡眠時を見計らって起こす。

→ノンレム睡眠とは浅い眠りのとき。その時に起こせばスッキリ目覚めてくれるのではなかろうか。

 

うん、我ながら良い案が出たんじゃないのかなと思います。

ふふふ、次に寝落ち現場に遭遇した時が楽しみで仕方ありません。

この記事は随時更新してきますので、気が向いた時にでもご覧いただけると嬉しいです!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

NO IMAGE

第17回 電子版新聞をとるべきか悩ましい。

継続チャレンジ②〈8/8更新〉〜筋トレ編ver1〜

継続チャレンジ③〈継続完了〉〜30日間で綺麗な字になる編ver3〜

継続チャレンジ①〈継続完了〉〜30日でスケッチの腕が上達するか編ver3〜

継続チャレンジ①〈8/19更新〉〜30日でスケッチの腕が上達するか編ver2〜

継続チャレンジ③〈8/9更新〉〜30日間で綺麗な字になる編ver1〜